マッチングアプリで彼女を作る3つのコツ!実際に24歳の彼女をGET

ゆうき(男性 30歳) 職業:会社員
ゆうき
30代非モテ。チビ、デブ、薄毛という三重苦に加え、年収も400万前後とモテる要素まったくなし。そんな男でもマッチングアプリを極めた結果いいね数500+、マッチング数1,500over、デートした人数50人超え。現在は可愛い彼女をGETし、マッチングアプリの情報発信に努めている

断言しますが、現在彼女を作る方法としてもっとも手っ取り早く確実なのが「マッチングアプリ」です。

実際に、僕はマッチングアプリで24歳の彼女ができました

この記事では、実際に彼女を作った体験談とマッチングアプリで彼女を作る方法について解説します!

マッチングアプリで彼女ができた!

僕はいわゆる「非モテ」で、30年以上生きてきて付き合った人数は1人だけ。

しかも、高校生の頃に1ヶ月付き合っただけで、そこから恋愛経験はいっさいありません。

しかし、そんな僕でもマッチングアプリでめちゃくちゃ可愛い彼女ができたのです。

付き合った直後のLINE

まさか自分にマッチングアプリで彼女ができるなんて思ってもいませんでした。

まずは、そんな僕の体験談を紹介します。

マッチングアプリをはじめたきっかけ

マッチングアプリをはじめたのは、友人がペアーズで結婚相手を見つけたのがきっかけでした。

当時、僕はマッチングアプリなんてサクラや業者ばかりで、本物の女性がいたとしてもいわゆる「売れ残り」ばかりだと思っていたのです。

しかし、友人の結婚相手がそれまでのイメージを覆すくらいに可愛くて素敵な人だったので、「もしかするとマッチングアプリってすごいのかも」と思い始めたのです。

そこでペアーズをはじめてみたのですが、最初の1ヶ月は惨憺たる結果でした。

当時のツイートを見つけたのですが、いかに出会えなかったかがわかります。

1ヶ月使ってもらえたいいね数は5、マッチングは0

そんな僕を変えてくれたのは、その「ペアーズで結婚した友人」でした。

友人のアドバイスで劇的変化

友人からのアドバイスを実践すると、いいね数が1週間で5倍になり、マッチングも1人、また1人と増え始めたのです。

なお、友人からのアドバイスは「マッチングアプリで彼女を作るコツ」として後述しているので、ぜひ参考にしてください。

そんなある日、僕は運命の一人に出会いました。

彼女はペアーズの人気会員で、いいね数は500を超えていました。

僕は「さすが人気会員とはマッチングしないだろう」と思っていたのですが、いいねを送ってみると…なんとマッチング!

そこから1週間ほどメッセージでやりとりし、会うことになりました。

4回目のデートで告白

最初のデートは彼女からの提案で、1時間程度カフェで顔合わせすることにしました。

実際に会った彼女は、アプリで見るより数倍かわいかったです。

2回目のデートは僕の提案でスイーツの食べ歩き、3回目は水族館、4回目はすこしお高めなところで食事をしてから夜景の見えるスポットで告白しました。

実は、3回目のあとにそれとなく告白を匂わせていたのですが、まったく手応えがなく、フラれるだろうと思っていました。

さらに、彼女は「他にもやりとりしている男性がいる」とのことで、その人と比べると、僕なんて絶対に釣り合っていないだろうとも考えていたのです。

しかし、結果は見事OK!

今でもこんな僕に、こんな可愛い彼女ができるなんて、「夢なんじゃないか」と思ってしまうほどです。このように、恋愛経験がまったくない人間でも、マッチングアプリを使えば素敵な彼女ができるのです。

マッチングアプリで彼女を作る3つのコツ

マッチングアプリの口コミなどを見ていると、かつての僕みたいに「出会えない」「全然マッチングしない」といったものがあとを絶ちません。

以前の僕もそうだったのですが、マッチングアプリで「彼女を作れない」と嘆いているのはコツを実践できていない人がほとんどです。

そこで、ここでは友人からのアドバイスをもとに彼女を作った僕が、マッチングアプリで彼女を作るコツについて解説します。

1. 自分に合ったマッチングアプリを選ぶ

そもそもマッチングアプリが自分に合っていなければなかなか彼女ができません。

マッチングアプリによって年齢層・目的が違うからです。

こちらをご覧ください。

たとえば、40代の方がタップルを使って婚活しようとしても、彼女を作れる確率は極めて低いと考えてください。

なぜかというと、タップルはこのように「年齢層低め」で「真剣度も低め」なマッチングアプリだからです。

一方で、恋活目的の20代は、ユーブライドやマリッシュを使うよりもタップルを使ったほうが彼女を作りやすいわけです。

2. もっとも大事なのは写真

自分に合ったマッチングアプリを使っても、写真がいまいちだとほとんど出会えません。

逆にいうと、写真さえ良いものにできれば、女性からのアプローチは一気に増えます。

実際に、僕も友人のアドバイスをもとに写真を変えたところ、爆発的にいいね数が上昇しました。

「僕が実践した写真のコツ」がこちらです。

  • メイン写真は顔をはっきり写す
  • できれば自然光があふれるところで撮る
  • 自撮り・加工・修正はNG
  • 誰かに撮ってもらう(おすすめはプロ)

これらをすべて踏まえた写真をメイン写真にしてください。

具体的に言うと、こんな写真がベストです。

3. メッセージ付きいいね!でアプローチ

どのマッチングアプリにも、通常のいいね!の他に「メッセージ付きいいね!」があります。

メッセージ付きいいね!とは、いいね!に文章を付けられる機能のことです。

メッセージ付きいいね!はマッチングしなくても自分の思いを文章にできるため、通常のいいね!よりもマッチング率が格段に良くなるのです。

実際に、僕が彼女とマッチングしたのもメッセージ付きいいね!がきっかけでした。通常のいいね!だと他の会員に埋もれてしまうので、「絶対にこの人とマッチングしたい!」という相手にはメッセージ付きいいね!でアプローチしてください。

マッチングアプリで彼女を作る際の注意点

マッチングアプリはコツさえ掴めば誰でも簡単に彼女を作れますが、注意点もあります。

これらの注意点をしっかり守らないとなかなか結果が出ないので気を付けてください。

ターゲットを絞る

いくらタイプの女性がいても年齢が20以上離れてたり、ログインして1週間以上経ってたりするとマッチングしません。

そういう相手にいいね!してもいいね!の無駄になってしまいます。

おすすめは「登録して3日以内」の相手です。

登録したての女性は「比べる対象」が少ないので、いいね!を受け取ると「とりあえずマッチングしておこうかな」と考えやすいのです。

検索条件で「登録して3日以内」にチェックを入れておきましょう。

課金はためらわないように

課金をためらってしまうと、せっかくマッチングしたのに相手は別の人と仲を深めてしまいます。

実際に、僕もはじめの頃は課金する勇気が出ず、マッチングしたのに放置してしまったことが何度もあります。

しかし、有料会員にならないと彼女ができないどころか仲を深めることすらできません。

可愛い彼女をGETするためにも、マッチングしたら24時間以内に課金して返事を送るべきです。

ただ、有料会員は自動継続なので、あらかじめ更新を止めておくようにしましょう。

まとめ

マッチングアプリで彼女を作るコツ、注意点についてまとめます。

  • マッチングアプリを使えば彼女ができる
  • 実際に年下の可愛い彼女をGET
  • 自分に合ったアプリを選ぶ
  • 写真を見直し、メッセージ付きいいね!でアピール
  • 課金をためらわない

今回紹介したコツを実践して、素敵な彼女を作ってくださいね。