意外と会えない?マッチングアプリで出会えない人の3つ原因と改善方法

「マッチングアプリを使い始めたけど中々出会えない。。」

このように感じている人は多いのではないでしょうか。

自分も最初はマッチングアプリを使えば簡単に出会えると思っていました

でも実際はそんな事はなくマッチングアプリで会うまでいくのは意外と大変です。

でも、会えないのには必ず原因があり、それを特定して改善すれば必ず会えるようになります。

今回はそんな人のために、マッチングアプリで出会えるようになるコツを紹介します。

マッチングアプリで出会えない原因を特定する

マッチングアプリは会うまでに大きく「マッチ」「メッセージのやりとり」「デートの打診」という3つのステップがあります。

あなたはどこでつまづいていますか?

まずは以下の中で自分が当てはまっている所がどこか明確にしましょう。

  • そもそもマッチしない

    いくら「いいね」を送っても全然マッチしない。当然相手から「いいね」が来る事も無い。というパターン

  • メッセージのやりとりが続かない

    マッチはするが、メッセージのやりとりになると2〜3通目で音信不通になる事が多い。

  • デートを打診しても無視される・断られる

    メッセージのやりとりを何回かした後にデートに誘うとその瞬間無視される。または断られる割合が多い。

出会えない原因別の改善方法

ここからそれぞれの課題についてどうすれば改善するか解説していきます。

そもそもマッチしない

いくらいいねを送っても全然マッチしないというパターンです。こういう人は写真に問題がある可能性が高いです。

マッチングアプリでほとんどの人が取るアクションは以下です。

  • まず写真を確認
  • 写真で外見が許容範囲と判断した時のみプロフィール内容を確認

つまり写真でアウトだと何も中身を見てもらえず終了します

そしてマッチしない人は写真で足切りされているケースが多いんですね。

また、写真ほどではないですがプロフィールも大事です。

マッチ率を上げるために、以下の3つをやってみてください。

メイン写真の改善

メイン写真が最もマッチ率に影響します。なので写真には一番気を遣いましょう。

まずやってはいけないパターンを紹介します。

NGな写真のパターン

  • 加工アプリで輪郭や目の大きさを変えてしまう(肌質変える位はOK)
  • 顔がドアップ
  • 自撮り
  • 異性が写っている
  • 笑ってない
  • 生活感が見えてしまう背景(自宅など)
  • 肉体美を見せつける(男性)

この辺は避けるべきです。特に自撮りは手軽でやりがちなのですが、ナルシストでどことなく孤独感が出てしまうのでやめたほうがよいです。

ではどのように撮ればいいのか。

魅力的な写真を取るコツは以下です。

魅力的な写真を取るコツ

  • 笑顔で自然体
  • 相手が安心するので顔がはっきり分かるように撮る
  • 腰から上が映る位の距離感で撮る
  • 好感度が高いのでスーツで撮る(男性)
  • 白系の服など清潔感のある服装で撮る
  • 公園や街中など外の背景で撮る
  • ホテルや夜景など高級感のある背景で撮る(男性)
  • 綺麗な画質で撮る

自分1人だとうまく写真を撮る自信が無いという方はプロにお願いするのもアリです。

適切なサブ写真を載せる

メイン写真を改善したら、次にサブ写真を載せましょう。

サブ写真はなるべく多く載せた方が良いです。

写真を載せれば載せるほど相手はあなたの情報をたくさん知る事が出来て、安心したり会話のきっかけを作りやすかったりするからです。

サブ写真は以下のようなものを載せましょう。

  • メインとは角度の違う本人写真
  • 全身が映った本人写真
  • 運動している本人写真
  • 趣味に没頭している本人写真
  • 旅行先の絶景写真
  • 高級料理の写真(男性)
  • 最近観に行った映画のポスターショット
  • ペットと一緒に写っている写真

サブ写真のコツはメイン写真とギャップを作ると良いです。

例えば、このようにメイン写真がカチッと決めたスーツ写真だったら、サブ写真では趣味のスキーの写真にする。

こうすると「バリバリ仕事出来そうなのにスポーツも出来て素敵!」ってなりやすいです。

プロフィールを改善

最後にプロフィールの部分を改善します。

まず選択式のプロフィール欄ですが、ここで相手が見ている所は限られています。1つずつ解説します。

  • 年収

    年収はやっぱり気にします。特に女性が気にします。ただマッチングアプリの年収は結構みんな盛っているので本当はあまりあてにならない事が多いですが、低いと目立つので400万以下の場合は記載しない方が良いと思います。

  • 身長

    身長も気にする人が多いです。自分が会った女性の中には170cm以上で相手を絞ってる人もいました。男性の場合もし仮に低かったとしても靴のソールなどである程度かさ増し出来るので、少し高めに設定しても良いと思います。

  • 同居人

    同居人は「一人暮らし」か「ペットと一緒」の場合のみ回答するくらいで良いと思います。実家暮らしだと「家で甘えているの?」と思われてる可能性があるため。

  • 出会うまでの希望

    出会うまでの希望は「気が合えば会いたい」にするのが無難かなと思います。「すぐに会いたい」にすると、女性の場合ヤリモクが寄ってきたりするし、男性の場合も焦ってる印象を与えてしまいマイナスになりかねないからです。

また自己紹介文は以下のように4段構成でまとめると適量になると思います。

  • 挨拶

    「こんにちは。はじめまして太郎といいます。」

  • 自分の仕事の紹介

    「新宿のIT系の会社で人事として働いています。」

  • 趣味(サブ写真と絡めて)

    「最近は食べ歩きが趣味で仕事帰りに美味しい店探しています。この前新宿で食べた〇〇というお店の天ぷらがすごく美味しかったです」

  • マッチングアプリを始めた目的・締め

    「仕事と趣味の毎日だったので良い人と出会えたら良いなと思い始めました。よろしくお願いします。」

メッセージのやりとりが続かない

マッチはある程度するもののメッセージのやりとりが続かない場合が多い人は、大きく4つの原因があります。

  • デート打診までの長さが合っていない
  • 話が盛り上がらずつまらないと思われている
  • 相手が他に良い人を見つけた
  • メッセージの表現が悪い

こちらに詳しく解説しているので参考にしてみてください。

マッチングアプリでメッセージが続かない本当の理由!男女別に解説

デートを打診しても無視される・断られる

何往復かメッセージをやり取りは続くけど、肝心のデートの打診が中々通らないというパターンです。

デート打診で失敗するのは、誘うスピードが遅くダレていることが原因であることが多いです。

ビビって何往復もメッセージをするのは無駄です。

少なくとも10通以内にはデート打診しましょう

その上で、デート打診に失敗しているなら、次の3点を試してみてください。

この3点を意識するだけで、初回デート成功の確率が一気に上がります。

  • 最初はランチやカフェに誘う

    ランチやカフェであれば拘束時間もそれほど長くないので相手からOKが出やすいです。

  • 誘う前に電話する

    電話をすると短時間の間にお互いの距離が縮まり、デートの確約率がかなり上がります。自分は電話した相手にデートを断れれた事はありません。それくらい有効なので、絶対断られたくない相手には電話の提案をしてみましょう。慣れたら通話中にデート打診するのもありです。

  • 同時に複数人とやりとりする

    1人だけとやりとりしていると「この人に断られたらどうしよう」と少し臆病な気持ちになります。そうすると余裕が無くなって結果的に魅力は落ちてしまいます。そうならないためにも、何人かと同時進行でやりとりをしておきましょう。「断られても次いけばいいや」位の気持ちの方がうまくいきます。

最速で出会いたい場合はデーティングアプリを使うのもあり

「複数人と同じようなメッセージのやりとりがめんどくさい」

「とにかく会って話してみないとわからないから、さっさと会いたい」

こういう人はデーティングアプリをオススメします。これはマッチングアプリのカジュアル版です。

余計なメッセージのやりとりが無いので、最速で会う事が出来ます。

デーティングアプリでオススメなのは以下の2つです。

ぜひ試してみてください。

「Dine」- 出会いの最短距離を作るマッチングアプリ

ダイン
  • 行きたいお店を選べる
  • ドタキャン対策も万全
  • 美男美女が多い
会員数 目的 料金
非公開 カジュアル 男性:6500円〜/月
女性:無料
年代 男女比 健全度
男性:20代〜30代
女性:20代〜30代
不明


「アポモ」- ヒマな時間から相手を探せる新星次世代マッチングアプリ

アポモ
  • 相手とのメッセージのやりとりは不要
  • 最短30分からのデート可能
  • 複数人同士のデートもセッティング可能
会員数 目的 料金
非公開 恋活・婚活 男性:3300円〜/月
女性:無料
年代 男女比 健全度
男性:20代〜40代
女性:20代〜40代
不明