マッチングアプリで敬語からタメ口に変えるタイミングは?女性目線で回答!

「マッチ後どれくらいでタメ口に変わるのが自然なの?」

「デートまでの会話でヘマしたくない…」

自己紹介の段階では敬語を使った方が第一印象が良く感じやすいです。

しかし、ずっと敬語だと距離を感じたり、素の自分を出せてなかったりするので、どこかのタイミングで話しやすいように変えたいですよね。

この記事では女性目線で、どのようなコミュニケーションが好印象なのかをお伝えしたいと思います。

初めからタメ口だと女性はどう感じる?

年齢関係なく、話し始めて1日〜2日くらいは敬語で話すのが好ましいです。

理由は、始めからタメ口だと、「なんかこの人怖いな…」と感じて心理的な距離を取る可能性があるからです。

現実世界でも初対面の時は敬語を使いますよね。マッチングアプリだからといって、変わるわけではありません。

しばらく敬語で会話をして、話が盛り上がった場から、少しずつタメ口を出していくといいでしょう。

徐々に敬語の時とタメ口の時が半々くらいの割合で使うようになるとお互いに話しやすいかもしれません。

しかし、もしあなたが敬語で話すほうが落ち着く場合はそちらを貫く方がよいでしょう。それがあなたの人柄ですし、無理にタメ口に変えた方がいいわけではありません。

次の見出しでは、タメ口に変えるタイミングの例を紹介しています。

タメ口に変えるタイミング例

「いきなりタメ口に変わったら不自然かな…」とおもったりしますよね。

タメ口になってもおかしくないタイミングの例を紹介します。

  1. 話が盛り上がった場合
  2. 敬語じゃなくてOKと言われた場合

よく、直接会ってから敬語を外した方がいいという意見もありますが、敬語じゃなくてもチャットの受け答えでどんな人なのかはなんとなくわかりますし、そこまで頑なに敬語じゃないといけないわけではありません。

1.話が盛り上がった場合

趣味や共通の話題などで盛り上がった際はタメ口になってしまっても問題ありません

気持ちが乗っている証拠ですし、距離を縮める絶好のチャンスです。

相手の好きなものを聞いて、その分野について知っていることや関連する話をしたりすると話が盛り上がって「そうそう!この前〜〜」など話がどんどん繋がっている時はタメ口になってしまっても大丈夫です。

その流れでその後、敬語を使わなくなってしまっても問題ないでしょう。

2.「敬語じゃなくても大丈夫」と言われた場合

年齢が近かったりした場合は敬語がもどかしかったりしますよね。

年齢の話になった際に「敬語じゃなくていいですよ」と言われたりすることもあるでしょうし、自分から言うのもよいでしょう

そのタイミングでタメ口に切り替えると自然です。

話し方以外にもプロフィールで好印象に!

マッチした後の会話について今回は触れてきましたが、マッチの際にどれくらい自分に興味をもってもらえるかもとても重要です。

女性は自己紹介文章を結構じっくり読んでいます

どんな趣味をもっているのかや、休日には何をしていることが多いのか等を書いていると、趣味について語りたいと思っている人とマッチして、話しやすかったりすると思います。

相手も趣味についてプロフィールに書いていればそれについて触れるのも良いと思います。

話のネタになりやすいのでプロフィールの自己紹介文章にも気を遣うと良いでしょう。

この記事のまとめ

  1. 話始めて1日目は敬語のほうがいい
  2. その後はタメ口と敬語の両方使うのもあり
  3. 話が盛り上がったらタメ口に変えるチャンス
  4. 自己紹介文に好きなものを書いておくと話題になるかも


日本最大級マッチングアプリ「Pairs」

pairs
  • 会員数が多く理想の相手を見つけやすい
  • 管理体勢がちゃんとしている
  • 初心者にも使いやすい
会員数 目的 料金
1000万人 恋活・婚活 4100円/月
男性年代 女性年代 健全度
20代〜40代 20代〜40代