マッチングアプリで気持ち悪い相手ばかりと会ってしまう原因と対処法

マッチングアプリで気持ち悪い人ばかりに当たってしまう。

最初は「いいかも」と思っても会ってみるとガッカリな人が多い。

こういった経験はありませんか?

マッチングアプリで素敵な異性と結婚している人もいる中でなぜ自分だけ魅力的な相手と巡り合えないのでしょうか。

今回はその理由を解明していきたいと思います。

マッチングアプリで出会う気持ち悪い男性の特徴

マッチングアプリはまともな人だけでなく、中にはちょっと違和感を感じる人もいます。

特徴をいくつかあげるとこんな感じです。

  • 会う前から馴れ馴れしい
  • 会っている時ボディタッチが多い
  • 自分の話しかしない
  • 落ち着きがない、挙動不審
  • 髪や服装の清潔感がない
  • 業者、ビジネス目的

わざわざ時間を取って出会った相手がこんな感じだったらつらいですよね。

なぜこういう人にあたってしまうのか、いくつか考えられる原因を解説します。

マッチングアプリで気持ち悪い男性と出会ってしまう原因

遊び系のマッチングアプリを使っている

マッチングアプリは大きく分けて「遊び系」「恋活系」「婚活系」の3つに分けられます。

遊び系のマッチングアプリにはイケメン・高収入・高身長といった魅力的に見える人がたくさんいますが、ヤリモクが多いので、ちゃんとした恋愛にならない事がほとんどです。

遊びと割り切ってやる分には良いですが、恋愛がちゃんとしたい、結婚相手を探したいという人はTinder、PCMax、ペイターズは避けましょう。

マッチングアプリで自分の魅力を出し切れてない

マッチングアプリの場合

  • プロフィール写真が無い
  • 顔がわからない
  • 自己紹介文が短い

など、プロフィールを見てあなたの事がわからない状態だと良い人とマッチングしない傾向があります。

顔出しが嫌であれば、せめて自己紹介文は充実させると良いと思います。

マッチングアプリの気持ち悪い男性への対処方法

メッセージのやりとり段階であれば速攻ブロック!

やりとりしてみたものの、やっぱりちょっと無理かもと思った場合は、ブロック機能を使いましょう。

何も言わずにブロックでOKです。

会う前にちょっと怪しいと思ったら、デート後の予定がある事を伝える。

会う事になったものの、いまいち相手が信用できないという場合は、当日のデート後に予定がある事を伝えましょう。

事前に伝えると、「じゃリスケしようか」と言われる可能性があるので、会ってから伝える位で良いと思います。

デート中に無理と思ったら、急遽予定が入ったと言って早めに退散

デート中に無理だと思ったら、スマホを見ながら「あっやばい会社の人から急遽連絡きた」などといって別れましょう。

我慢して一緒にいて楽しくない雰囲気になってしまってもお互い不幸なので、勇気を出して退散しましょう。


日本最大級マッチングアプリ「Pairs」

pairs
  • 会員数が多く理想の相手を見つけやすい
  • 管理体勢がちゃんとしている
  • 初心者にも使いやすい
会員数 目的 料金
1000万人 恋活・婚活 4100円/月
男性年代 女性年代 健全度
20代〜40代 20代〜40代