【NG例付き】マッチングアプリのメッセージで2通目に意識するべき事

「マッチングアプリで2通目から何を送って良いのかわからない」

「デート実現までのメッセージの流れが知りたい」

今回はマッチングアプリでマッチした女性と、デートまでたどり着くための2通目以降の最適なメッセージの流れについて解説します。

返信率が上がる!2通目のメッセージで意識する事 

マッチングアプリのメッセージのやりとりは結構シビアで、いきなり返信が返ってこなくなる事がよくあります。

そうならないためにここでは、マッチングアプリの2通目のメッセージを送る際に意識する事について紹介します。

1通目の返信に対して必ずリアクションする 

1通目のメッセージの返信内容には必ずリアクションを取るようにしましょう。

例えば以下は悪い例です。

悪い例

(自分1通目):マッチありがとうございます。お仕事は何されてるんですか?

(相手1通目):こちらこそありがとうございます。仕事は看護師です!

(自分2通目):仕事は忙しいんですか?

このように相手の返信を拾わないまま、次の質問に移ると「私の話聞いていない…」とマイナスな印象を抱かれます。

良い例

(自分1通目):マッチありがとうございます。お仕事は何されてるんですか?

(相手1通目):こちらこそありがとうございます。仕事は看護師です!

(自分2通目):看護師なんですね!コロナとかで大変そうですけど仕事は忙しいんですか?

このように、相手の返信に対して一回りアクションしてから質問するだけで相手の印象値は格段に上がります。

簡単な質問で返す 

相手女性が答えやすい、簡単な質問で返すようにしましょう。

まだ関係値が出来ていない状態なのに、相手が考えなければならないような質問をしてしまうと返信率は一気に落ちます。

悪い例
  • 「最近なんかいい事ありました?」
  • 「仕事の調子はどうですか?」
  • 「男運どうですか?」

このようにいわゆるオープンクエスチョン(Yes、Noで答えられない質問)をしてしまうと、相手は「んっ?」と一瞬考えなければならなくなり、めんどくさいと感じてしまいます。

関係値がある相手であれば、逆に上記のような質問は有効なのですが、まだ会った事ない相手には避けるようにしましょう。

良い例
  • 「仕事は忙しいんですか?」
  • 「休みの日は何してますか?」
  • 「映画好きなんですか?」

このように回答の幅が狭くなるような質問をしてあげると、気軽に答えられるので、楽な印象を与えます。

最初は相手が返信しやすい質問をしてあげるのがポイントです。

ゴールを意識する 

これは少し上級者向けですが、マッチングアプリのメッセージはちゃんと「デートの確約をする」というゴールを意識することが大切です。

メッセージでは大体5~10通以内にはデートに誘う事をオススメしています。

なので2通目の時点で「デート打診」を自然に出来る流れを作る事を意識しましょう。

どういう事か?まず悪い例から見てみましょう。

悪い例

(自分1通目):マッチありがとうございます。お仕事は何されてるんですか?

(相手1通目):こちらこそ。金融系の仕事をしてます!

(自分2通目):金融系なんですね!最近仕事はどうですか?

(相手2通目):最近忙しくて中々大変です笑

(自分3通目):金融忙しそうなイメージあります。周りも遅いから帰りづらいっていうのもありそうですよね

(相手3通目):そうなんです。しかもやる気ある人ばかりなので愚痴も言えず。。

(自分4通目):それは大変ですね〜。今の会社は何年目位なんですか?

これの何がダメかというと、「デート打診」までの流れが全然作れていないんですね。

2通目の時点で「仕事はどうですか?」と広く聞いてしまっているせいで、相手の仕事の悩みについて会話がダラダラ展開されてしまっています。

こういうのは本来会ってから会話した方が良いです。

次に良い例です。

良い例

(自分1通目):休日は何されてるんですか?

(相手1通目):今は家で映画観たりしてますね。

(自分2通目):そうなんですね!映画結構観たりするんですか?

(相手2通目):結構観ますね!

(自分3通目):おぉいいですね!自分も映画好きで、今度〇〇って映画やるのでよかったら観に行きません?

このように2通目の時点で「デートで映画に誘う」というのを想定して会話を展開するのがポイントです。

相手のプロフィールを見ると趣味やハマっている事を記載している人も多いので、そこから誘うきっかけを見つけるのも良いやり方です。

2通目のメッセージでやってはいけない事 

次に2通目のメッセージでやってはいけない行動についてご紹介します。

これをやってしまうと相手から返信が来なくなる可能性が上がってしまうので、気をつけましょう。

返信が遅い 

メッセージの返信は最低でも1日1回したほうが良いです。

理由としては相手から「真剣に出会いを探していない」と捉えられてマイナスな印象を与えてしまうのと、「誰だっけ?」と存在感も薄くなるため、ブロックされて二度メッセージが送れない状況になる事もあるからです。

ほとんどの人が複数人とやりとりをしていると思うので大変ですが、なるべく早く返信しましょう。

タメ口になる

敬語を使わず、タメ口でメッセージを送るのも最初は避けた方が良いです。

受け手によっては減点対象になるので、仲良くなる前こそ丁寧な対応を心がけましょう。

男性の中には名前を「さん」付けではなく「ちゃん」付けで呼ぶ方もいますが、それも避けましょう。

相手が年下でも、敬語を使うスタンスを忘れないでください。

長文になる

10行以上を超える長文メッセージを送る事も避けた方が良いです。

読むだけでも大変ですし、返信するのにも手間がかかるのでスルーされる確率が上がります。

相手に興味を持つほど、無意識のうちに文章のボリュームがアップすることがあるので気を付けましょう。

いざ送る前に、一度読み返すと冷静な判断が取りやすくなります。

聞きたいことがたくさんあっても文章量は抑えることが大切です。

まとめ

マッチングアプリの2通目のメッセージで意識する事とやってはいけない事を紹介しました。

これを理解して実践するだけでデートに繋がる確率は大幅に上がります。

ぜひ試してみてください。